HOME > 北名古屋市国際交流協会について > 平成25年度事業報告

平成25年度報告

平成25年度協会収支予算報告


【収入の部】

負担金(会費) 547,000円
補助金・助成金 12,676,000円
諸収入 2,015,971円
繰越金 826,464円
16,065,435円

【支出の部】

事務費 7,291,982円
(報償費・旅費・交際費・需用費・役務費・備品購入費等)
事業費 8,488,536円
(報償費・旅費・需用費・役務費・委託料・負担金・補助金等)
予備費 0円
15,780,518円


25年度事業報告


国際交流の場づくり

国際フェア

とき: 1)平成25年11月23日(祝) ≪ふれあいフェスタ2013≫
2)平成25年12月01日(日) ≪市民音楽祭≫
3)平成26年03月02日(日) ≪第2回とらいあんぐるフェスタ≫
ところ: 1)健康ドーム特設会場
2)文化会館ロビー
3)文化会館ロビー
入場者: 1)約2,400名
2)約600名
3)約1,000名
内容: 国際交流の場として、各種イベントに出展しました。
国際交流コーナーをボランティアとともに設置し、
国際理解の促進を図りました。

□フェアトレードの啓発と物産販売
□「北名古屋特産!
  いちじく酵母入り 北名古屋地域おこし産品」特別販売
□「協会活動のあゆみ」写真パネル展

第2回アジアフェスティバル

とき: 平成26年2月16日
ところ: 文化勤労会館小ホール等
入場者: 約750名
内容: アジア近隣諸国との交流の場として、市民手づくりにより
「アジアを観て、アジアを識り、アジアを食す」をテーマに、
近くて遠いアジアとの相互理解を深めるイベントを
開催しました。

1)東インド古典舞踊・ボリウッドダンス
 (ユキエ・インディアン・ダンス・カンパニー・サンパティ)
2)シタール・タブラ インド楽器演奏
 (ジャナト・レコーズ・インディアン・ミュージック・カンパニー)
3)ゆめのノリモノ世界の子ども絵画展表彰式
4)アジア民族衣装試着、記念写真、缶バッチづくり
5)アジアンフードコーナー(インド料理)、アジアンカフェ
6)「北名古屋特産!
   いちじく酵母入り 北名古屋地域おこし産品」特別販売
7)フェアトレード物産販売
8)アジアン映画ビデオ上映

国際交流子ども芸術教室

とき: 平成25年7月21日
参加者等: 42名
場所: 名古屋芸術大学西キャンパス
内容: 名古屋芸術大学の留学生と子どもたちとの交流の場として、
市内に設置されたモニュメント(彫刻等)をモチーフに
留学生から絵画指導を受けました。
子どもたちの国際感覚を育てるとともに、都市景観としての
野外美術の鑑賞の楽しさの理解が深まりました。

指導 和田義行教授
    (名古屋芸術大学国際交流センター長)
    留学生 5名

国際交流の担い手となる人づくり

友好提携都市中学生交流プログラム《中学生国際交流プログラム》

とき: 1)受入れ 平成25年07月23日 ~ 平成25年07月25日
2)派遣  平成25年08月05日 ~ 平成25年07月09日
3)報告会 平成25年10月26日
参加者: 1)12名(男6名、女6名)、引率4名 計16名
2)11名(男3名、女8名)、引率4名 計15名
3)41名
場所: 1)北名古屋市
2)韓国務安郡
3)文化勤労会館研修室
内容: 北名古屋市と友好提携都市韓国務安郡との交流事業として、
次代を担う中学生を相互派遣し、交流を深め、友好の絆を
強めました。
国際理解教育の一環として、取り組んでおり、国際感覚豊かな
人材の育成に貢献しました。

 主催 北名古屋市 北名古屋市国際交流協会
 共催 北名古屋市教育委員会

草の根交流プログラム

とき: 1)受入れ 平成25年4月12日
2)受入れ 平成25年5月24日 ~ 平成25年5月26日
参加者: 1)36名
2)6名
場所: 北名古屋市
内容: 海外自治体や国際交流団体等から訪問団を市とともに受入れ、
市民ボランティアの通訳、翻訳などにより、交流を深め、
市民が主役になる草の根の国際交流を推進しました。

1)務安郡女性指導者訪問団 団長 ソ・イレ女史
2)務安郡守訪問団 キム・チョンジュ郡守

社会人日本語教室

とき: 平成25年4月 ~ 平成26年3月
受講者:
22名
<内訳>
ベトナム12名
フィリピン3名
ネパール1名
中国5名
スリランカ1名
場所: 健康ドーム研修室
内容: 前年度に、引き続き、市内に居住か、在勤する社会人の外国人を
対象に、日本社会への適応能力を向上させ、日本語の基礎能力を
つけるために開講しました。
原則として、マンツーマンで実施しました。

1)週1回、金曜日 19:30~21:00
2)指導 日本語ボランティア

子ども日本語教室

とき: 平成25年4月 ~ 平成26年3月
受講者:
15名
<内訳>
ブラジル3名
フィリピン5名
ネパール1名
中国4名
タイ2名
場所: 師勝東小
師勝西小
師勝南小
師勝北小
栗島小
天神中
熊野中
訓原中
内容: 前年度に、引き続き、日本語がほとんど分からない外国人子女に
生活に必要な日本語能力をつけるために開講しました。
日本の習慣、ルールについても指導しました。
原則として、マンツーマンで実施しました。

1)小・中学生とも、週1回、小・中学校へ出張教室
2)指導 日本語ボランティア

韓国語講座

とき: 平成25年5月 ~ 平成26年3月
受講者: 韓国語A講座(初学者向) 23名
韓国語B講座(既習者向) 37名
韓国語C講座(既習者向) 14名
場所: 韓国語A講座(初学者向) 健康ドーム研修室
韓国語B講座(既習者向) 健康ドーム研修室
韓国語C講座(既習者向) 東公民館
内容: 前年度に続き、韓国語A・B・C講座の3コースを
開講しました。
各コースとも年22回実施しました。

韓国語A講座(初学者向)
夜間 原則として、第1・第3木曜日 19:00 ~ 21:00

韓国語B講座(既習者向)
夜間 原則として、第2・第4水曜日 14:00 ~ 16:00

韓国語C講座(既習者向)
昼間 原則として、第1・第3木曜日 19:00 ~ 21:00

講師 イ・ジェヨン氏
(名古屋大学大学院留学生)

中国語講座

とき: 平成25年5月 ~ 平成26年3月
受講者: 14名
場所: 健康ドーム会議室
内容: 前年度に続き、中国語を開講した。年22回実施した。
夜間 原則として、第1・第3木曜日 19:00 ~ 21:00

講師 季 超氏
(名古屋大学大学院留学生)

英語講座

とき: 平成25年5月 ~ 平成26年2月
受講者: 17名
場所: 健康ドーム会議室
内容: 一般市民を対象に、子や孫たちと遊ぶ英語力のアップを
めざす英語(既習者)コースを開講した。年22回実施した。
昼間 原則として、第1・第3金曜日 10:00 ~ 12:00

講師 アンドレス・モラ・ベラ氏
(名古屋大学大学院留学生)

ボランティア研修プログラム

とき: 1)養成講座   平成26年1月18日
2)研修・交流会 平成26年1月11日
受講者: 1)17名
2)13名
場所: 健康ドーム研修室
内容: ボランティアの資質向上のため、愛知県国際交流協会等と
協働して、研修会、交流会を開催しました。
1)公益財団法人愛知県国際交流協会と共催して、
  外国人のこどものための日本語教室ボランティア養成講座を
  開設して、研修会と交流会を実施しました。

□「リライト教材について」
講師 根津眞寿美氏
(知立市立知立東小学校日本語担当主任)

□「再話について」
講師 大峯まどか氏
(NPO プラスエデュケート)

□交流会
2)社会人日本語教室ボランティアネットワーク構築のため、
  研修・交流会を実施しました。

外国語学習事業補助

とき: 平成25年4月 ~ 平成26年3月
内容: 市内のグループが行う外国語学習講座等について、
申請に基づき、その講師料等の一部を補助しました。

1)韓国語(ハングル同好会)
2)英語(北名古屋市商工会)
3)中国語(中国語勉強会)

通訳・翻訳ボランティア派遣事業

とき: 1)平成25年07月10日
2)平成25年10月25日
利用者: 2名
場所: 1)五条小
2)訓原中
内容: 市内小学校に通学する外国人子女を対象とする
学校生活ガイダンスのため、協会ボランティアを派遣しました。

1)07月10日(スペイン語ボランティア)
2)10月25日(中国語ボランティア)

ボランティア登録

とき: 通年
内容: 協会の事業に参加するボランティアを募集、登録した。
今年度登録者数 登録者総数
通訳・翻訳
3
28
イベント
1
27
日本語教室
3
61
生活相談
0
2
運営企画会議
3
45
10
163
登録者総数: 163名

国際交流を活用した地域づくり

北名古屋地域ブランドプロジェクト

とき: 1)《大人チャレンジ講座》
  平成25年09月17日

2)ワールド料理講習会
  平成25年11月28日 《フランス料理》
  平成25年12月26日 《韓国料理》
  平成26年01月30日 《イタリア料理》

3)国際交流イベント
  平成25年11月23日 《ふれあいフェスタ2013》
  平成25年12月01日 《市民音楽祭》
  平成26年02月16日 《第2回アジアフェティバル》
  平成26年03月02日 《第2回とらいあんぐるフェスタ》
参加者等: 1)25名
2)22名
3)1000~3000名
場所: 1)文化勤労会館料理教室
2)健康ドームクッキングルーム
3)健康ドーム特設会場、文化勤労会館
内容: 運営企画会議で、北名古屋地域ブランド産品につなぐ、
「北名古屋特産!いちじく酵母入り 北名古屋地域おこし産品」
を開発し、国際交流イベント等で積極的に普及活動を
推進しました。
また、プロジェクトイメージキャラクターを市民の人気投票で
決定し、キャンペーンに活用しました。

1)「NPO子育てネットワークあすなろ」と協働して、
  「北名古屋特産!いちじく酵母づくり」を
  《大人チャレンジ講座》で開講し普及啓発しました。

2)「北名古屋特産!いちじく酵母入り 北名古屋地域
   おこし産品」を活用したワールド料理講習会を開講し
  普及啓発しました。

講師 千 昌園(チョン・チャンウォン)氏
料理研究家・協会プロジェクトアドバイザー

3)「アジアフェスティバル」など国際交流イベント会場で、
  「北名古屋特産!いちじく酵母入り 北名古屋地域
   おこし産品イタリアンドレッシング」を特別販売し
  普及啓発しました。

多文化共生社会づくりプログラム

とき: 平成25年7月7日
受講者: 17名
場所: 1)消防組合
2)健康ドーム
3)コミュニティセンター大会議室
内容: 多文化共生社会づくりをめざすため、外国人のための公共施設
スタディツアー「北名古屋を観よう、知ろう、話そう」を
実施しました。

1)尾張東部消防組合見学
2)健康ドーム見学
3)交流会

国際理解プログラム

とき: □演奏会
1)平成25年04月13日

□講演会
2)平成25年08月03日
3)平成25年10月19日
4)平成25年12月14日

□ビデオ映画鑑賞会
5)平成26年02月16日
参加者等: 1)80名
2)26名
3)13名
4)13名
5)20名
場所: 1)文化勤労会館小ホール
2)健康ドーム研修室
3)もえの丘ボランティア室
4)健康ドームミーティング室
5)文化勤労会館視聴覚室
内容: 《アジアを識るシリーズ》、
《国際交流をツールとした地域づくりシリーズ》とする
講演会やビデオ映画鑑賞会など、国際理解を深めるプログラムを
実施しました。
1)総会記念演奏会
  「スイス民族楽器《アルプホルン》の調べ」
  演奏グループ アルプホルン名古屋ほか

2)国際理解講演会
《アジアを識るシリーズ》
  「パレスチナ紛争を考える」
  講師 小塚哲司氏   (中日懇話会事務局長)

3)国際理解講演会
《アジアを識るシリーズ》
 「暴力の応酬で進まぬ和平~パレスチナの現状」
  講師 小塚哲司氏   (中日懇話会事務局長)

4)国際理解講演会
《国際交流をツールとした地域づくりシリーズ》
 「海無し県・信州~特異点と国際化」
  講師 松林憲治氏   (元長野県経営戦略局長)

5)アジアビデオ映画鑑賞会
 インド映画「ムトゥ踊るマハラジャ」
 インド映画「モンスーン・ウェディング」

外国人生活相談

とき: 通年
相談件数: 電話 45件
来訪 22件
場所: 協会事務局
内容: 地域で暮らす外国人が文化・習慣・言語の違いなどから
抱えている問題を、ともに考え問題解決に導くための
相談窓口を開設しました。

会報発行

とき: 1)平成25年07月01日
2)平成25年11月01日
3)平成26年04月01日
内容: 協会の活動や催事などの紹介、各種講座案内、会員募集、
市内の国際交流団体活動紹介などを目的に会報を発行しました。

1)第16号
  □「外国人のための日本語教室の取り組み
  □25年度事業計画・予算

2)第17号
  □北名古屋地域ブランドプロジェクト

3)第18号
  □アジアフェスティバル
  □イメージキャラクター決まる

ホームページ更新

とき: 通年
内容: 協会の活動や催事の紹介、各種講座等案内、会員募集、
市内の国際交流団体活動紹介などを、外国人でも閲覧できる
多言語対応(英語、韓国語、中国語)で、ホームページを
作成するとともに、適宜更新しました。
多言語対応は、協会登録ボランティアが翻訳を担当しました。

ご案内

所在地・お問合せ先

〒481-8531
愛知県北名古屋市西之保清水田15番地
北名古屋市役所(西庁舎4階)
※2012年4月より3階から4階に移転しました。

0568-22-1111

FAX:0568-25-1800

E-mail:info@kitanagoya-kiia.jp

協会会報

バックナンバーはこちら

北名古屋市防災リンク(もしもの時)

外部リンク先は日本語での表示となります。 (自動翻訳はしません。)

緊急災害情報外部リンク

愛知県防災・減災 お役立ちガイド
(もしもの時)